柔道整復師になってアスリートと一緒に成長しよう

人の役に立てる仕事

競技スポーツの経験があるのでしたら、一度は「整骨院」「接骨院」のお世話になったことがあるかと思います。「ほねつぎ」とも言いますね。突き指、ねんざ、脱臼、骨折、その他、どこかを故障してしまったときに通っていた近所のお店。そこでみなさんの治療にあたってくれた人たちは、「柔道整復師」という国家資格をもっています。柔道整復師の方々は、ケガをどのように治すか触診などで見立てて、関節や骨を適切な位置に固定して、必要ならマッサージなどを行い、また患部をあたため、ケガの回復を促す、という仕事をしています。スポーツが大好き。でも、大学で体育会に入るほどではない。そういう人は、柔道整復師も進路のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか。
柔道整復師の資格をとるためには、専門学校をおすすめします。理由は大学に進むより経済的な負担が少なく、夜間コースのある専門学校も多く、似たような境遇の人と一緒に学べること。大学で、英語とか勉強するよりは、専門実技の勉強に打ち込めること。専門学校のほうが圧倒的に歴史が長いので、実習先が見つかりやすいこと、以上の三つです。
柔道整復師は一生ものの資格です。患者として来るアスリートたちと一緒に悩み、一緒に学ぶことのできる、やりがいのある仕事に就けます。専門学校の先生方はとても熱心で、学生をきちんと指導しています。ぜひ一度、学校見学に行ってみてください。

卒業後も安定した職に就ける

病院や接骨院や整骨院、リハビリ施設などで活躍している柔道整復師は、整体師とは資格や行なえる施術も異なり、整体師は民間の資格ですが、柔道整復師は国家資格が必要となります。さらに整体師と異なることは、柔道整復師の治療行為については、医師と同様に保険が適用されますが、一方で整体師の場合には、治療行為ではなく医療類似行為に該当するため、保険が適用されない点です。
柔道整復師を目指すには、高等学校を卒業した後に柔道整復学科のある4年制の大学や3年生の短期大学、もしくは柔道整復師養成課程のある専門学校で手技などの技術などを学ばなければなりません。これらの大学や専門学校を卒業すると国家試験の受験資格が取得でき、国家試験に合格することで柔道整復師として仕事ができるという訳です。
柔道整復師の仕事内容は、骨折、脱臼、捻挫、打撲、肉ばなれなどの損傷のために、整復や固定、後療法を行なって機能を回復させることです。国家資格取得者の多くは、接骨院や病院などに勤務していますが、スポーツジムやスポーツ関係の施設をはじめ、介護施設やリハビリ施設などで、スポーツトレーナーや機能回復訓練員などとしても活躍するなど、広い職域となっています。

イチオシコンテンツ

柔道整復師として活躍するためには専門学校を卒業しよう

就職の手助けも 柔道整復師は、捻挫や骨折、打撲などの日常生活や運動中などに多く起こるケガを手技で治療するスペシャリストのことを言います。柔道整復師は、適用範囲内であれば医師の指示…

国家資格の必要な柔道整復師

専門知識が手に入る 柔道整復師は、骨、関節、筋、腱、靭帯などの急性もしくは亜急性の原因によって、骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷などのけがが発症した場合に、手術をしない非観血的療法を…

柔道整復師の資格取得のためなら専門学校へ行こう

経営の授業まで行う 柔道整復師とは、骨折や脱臼、打撲捻挫等の治療を施すことができる国家資格を所有している人のことです。柔道整復師になるためには、文部科学省が指定している学校や、厚…

柔道整復師になってアスリートと一緒に成長しよう

人の役に立てる仕事 競技スポーツの経験があるのでしたら、一度は「整骨院」「接骨院」のお世話になったことがあるかと思います。「ほねつぎ」とも言いますね。突き指、ねんざ、脱臼、骨折、…

最新の記事一覧

2018/04/16
国家資格の必要な柔道整復師
2018/04/16
柔道整復師になってアスリートと一緒に成長しよう
2018/04/16
柔道整復師の資格取得のためなら専門学校へ行こう
2018/04/16
柔道整復師として活躍するためには専門学校を卒業しよう
TOP