柔道整復師として活躍するためには専門学校を卒業しよう

就職の手助けも

柔道整復師は、捻挫や骨折、打撲などの日常生活や運動中などに多く起こるケガを手技で治療するスペシャリストのことを言います。柔道整復師は、適用範囲内であれば医師の指示がなくても、自分自身の判断で治療ができ、受領委任制度によって健康保険を取り扱える接骨院や整骨院を独立して開業できるのが特徴でありメリットです。
柔道整復学科のある専門学校では、柔道整復師の国家試験の受験資格のほかにも、トレーニング指導者の認定資格やアロマコーディネーターライセンスなどの資格が取得できるところも存在します。3年間の専門学校で知識や技術を習得して国家試験に合格すれば、捻挫などの突発的な外傷の治療ができるほか、スポーツトレーナーにもなれ、医師の指示のもとリハビリや整復補助などの医療ケアにも携わることができます。さらに、高齢者向けの介護施設などでは機能訓練指導員として、働くことも可能です。
柔道整復師は、整骨院や接骨院などのほかにも、多くの職域で活躍できるのもポイントのひとつです。専門学校によっては、昼間のクラスだけでなく夜間クラスを設けているところもあるので、既に社会人として仕事をしている方でもカリキュラムを修了して国家試験の受験ができるので、転職や再就職にも専門学校は最適と言えるでしょう。

実践授業も多い

柔道整復師を目指すには、柔道整復師課程のある3年制の短期大学や4年制の大学、もしくは柔道整復師学科のある専門学校を卒業し、国家試験を受験します。柔道整復師学科のある専門学校では、治療院を開業しているなど臨床経験豊かな講師陣を揃え、教科書と臨床現場での事例をリンクさせた授業が受けられることがほとんどです。
中には、普段の授業のほかにも、希望者を対象に海外での解剖実習やプロスポーツチームでのトレーナー実習などの学外実習を設けており、担任制のクラスで年に数回の個人面接を行なってそれぞれに合った勉強方法を指導しているところもあります。さらに、スポーツに特化したウエイトトレーニング方法やストレッチング法などのカリキュラムを取り入れ、コンディショニング指導もできる柔道整復師を育成している学校も存在しています。
国家試験のサポートはもちろん、現場経験を積んでスキルアップをしたい方にはアルバイト先やそれぞれに合った整骨院などの就職先の紹介などの就職サポートを実施しているところもあるで、卒業後にすぐに仕事に就けるのも安心です。また、専門学校では学校説明会も開催しているので、学校の雰囲気や教育方法などを確認できるので、自分に合った学校選びができるのもポイントです。

イチオシコンテンツ

国家資格の必要な柔道整復師

専門知識が手に入る 柔道整復師は、骨、関節、筋、腱、靭帯などの急性もしくは亜急性の原因によって、骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷などのけがが発症した場合に、手術をしない非観血的療法を…

柔道整復師になってアスリートと一緒に成長しよう

人の役に立てる仕事 競技スポーツの経験があるのでしたら、一度は「整骨院」「接骨院」のお世話になったことがあるかと思います。「ほねつぎ」とも言いますね。突き指、ねんざ、脱臼、骨折、…

柔道整復師として活躍するためには専門学校を卒業しよう

就職の手助けも 柔道整復師は、捻挫や骨折、打撲などの日常生活や運動中などに多く起こるケガを手技で治療するスペシャリストのことを言います。柔道整復師は、適用範囲内であれば医師の指示…

柔道整復師の資格取得のためなら専門学校へ行こう

経営の授業まで行う 柔道整復師とは、骨折や脱臼、打撲捻挫等の治療を施すことができる国家資格を所有している人のことです。柔道整復師になるためには、文部科学省が指定している学校や、厚…

最新の記事一覧

2018/04/16
国家資格の必要な柔道整復師
2018/04/16
柔道整復師になってアスリートと一緒に成長しよう
2018/04/16
柔道整復師の資格取得のためなら専門学校へ行こう
2018/04/16
柔道整復師として活躍するためには専門学校を卒業しよう
TOP