国家資格の必要な柔道整復師

専門知識が手に入る

柔道整復師は、骨、関節、筋、腱、靭帯などの急性もしくは亜急性の原因によって、骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷などのけがが発症した場合に、手術をしない非観血的療法を用いて、整復や固定などの治療を行なえる専門職のことをいいます。
骨折や肩などの関節が外れた場合に元に戻す整復法、骨折や脱臼などの場合に三角巾や包帯、副木などを使って患部を固定する固定法と、損傷してしまった組織を回復させる後療法の3つの手技を用いた施術を行ないます。後療法には、さらに物理療法、運動療法、手技療法の3つの治療法が存在しています。
柔道整復師になるには、国家試験を受験し合格しなくてはなりません。国家試験を受験するには、高校を卒業してから、柔道整復師養成課程のある4年制の大学や3年生の短期大学、専門学校なを卒業して受験資格を取得してから、国家試験を受験します。
専門学校は、入学金がなしや寮が完備されてる学校など、学校によって設備や費用も異なるので、それぞれの学校の情報を集めてから、自分が通い易い場所を選択するの良いでしょう。柔道整復師の資格を取得すれば、病院や接骨院や整骨院のスタッフ、スポーツトレーナーや機能訓練指導員などとして活躍ができます。

遠方の方でも安心して授業が受けられる

よく駅前などにリラクゼーションと謳って、気軽に揉み解しをやってくれるお店がありますが、あれには必ずしも柔道整復師のような国家資格は必要ではなく、ちょっと練習しただけで、お店に立っているといったケースもあるようです。
しかし、柔道整復師は単なるマッサージに止まらず、骨折や捻挫といった負傷や体の不調を自分で診断して、施術まで行えるようになります。柔道整復師の資格を取ると、接骨院で働けるようにもなりますし、病院でのリハビリテーション業務を担当したり、はたまたスポーツ選手のケアをするお仕事に就くことも夢ではありません。
このように柔道整復師は一度資格を取得すると、仕事の選択肢がぐっと広がるのですが、さすが国家資格だけあって、独学だけでは厳しいものがあります。それに、知識だけではなく実践的な技術も要求されますから、目指す人の大半は専門学校に通います。専門学校なら、講師から実際の施術方法を学べますし、同じ資格を目指す人同士で励まし合うこともできます。
また、優良な専門学校になると、遠いところから通うという人の場合、条件付きですが、お金を支援する制度を設けているところもあります。これには返す必要がないので、学校が遠い人でも安心して勉強に打ち込むことができます。

イチオシコンテンツ

柔道整復師として活躍するためには専門学校を卒業しよう

就職の手助けも 柔道整復師は、捻挫や骨折、打撲などの日常生活や運動中などに多く起こるケガを手技で治療するスペシャリストのことを言います。柔道整復師は、適用範囲内であれば医師の指示…

国家資格の必要な柔道整復師

専門知識が手に入る 柔道整復師は、骨、関節、筋、腱、靭帯などの急性もしくは亜急性の原因によって、骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷などのけがが発症した場合に、手術をしない非観血的療法を…

柔道整復師の資格取得のためなら専門学校へ行こう

経営の授業まで行う 柔道整復師とは、骨折や脱臼、打撲捻挫等の治療を施すことができる国家資格を所有している人のことです。柔道整復師になるためには、文部科学省が指定している学校や、厚…

柔道整復師になってアスリートと一緒に成長しよう

人の役に立てる仕事 競技スポーツの経験があるのでしたら、一度は「整骨院」「接骨院」のお世話になったことがあるかと思います。「ほねつぎ」とも言いますね。突き指、ねんざ、脱臼、骨折、…

最新の記事一覧

2018/04/16
国家資格の必要な柔道整復師
2018/04/16
柔道整復師になってアスリートと一緒に成長しよう
2018/04/16
柔道整復師の資格取得のためなら専門学校へ行こう
2018/04/16
柔道整復師として活躍するためには専門学校を卒業しよう
TOP