柔道整復師の資格取得のためなら専門学校へ行こう

経営の授業まで行う

柔道整復師とは、骨折や脱臼、打撲捻挫等の治療を施すことができる国家資格を所有している人のことです。柔道整復師になるためには、文部科学省が指定している学校や、厚生労働大臣が指定している柔道整復師の養成施設を卒業しなければいけません。このような学校や養成施設には、4年制の大学や3年制の短期大学、専門学校等があります。それでは、どのように専門学校を決めたらよいのでしょうか。
大抵の専門学校は、資格を得るための知識を身に付けることを重要と考えています。国家資格試験の合格を目安にすることは大事ですが、資格を得ることがゴールではなくそこからがスタートになります。そのため、専門学校を選ぶ時は豊富な経験を積んだ教師などがいるのかどうか?実習ではどのような技術を教えてくれるのか?卒業後の就職先についてどのようなところに就職しているのか、などを確認して決めると良いと思います。
国家資格を得たら次は、柔道整復師として色々な職場で働くほかに、独立したいと思う方もいると思います。そのような方は、技術をしっかりと教えてくれるうえに、開業する時に必要な経営や運営管理、経営分析、人材教育などの経営マネージメントについても教えてくれるような専門学校を選ぶと良いでしょう。

幅広い分野で活躍

柔道整復師は、捻挫や打撲、骨折などのケガの治療を手術や投薬を行なわずに、手技を用いて行なう医療技術者のことを言い、国家資格を必要とします。柔道整復は、戦国時代の武道の中で、ケガをした人の治療や手当て、蘇生が含まれている活法が原点となっており、現在では西洋医学と融合して整復を実践しているものです。
柔道整復師は医師の指示に従った治療を行なうのではなく、自らの判断で治療ができるほか、健康保険の適用や治療院の開業ができるのがメリットで、作業療法士や理学療法士とは異なる点でもあります。柔道整復師を目指すには、柔道整復師学科のある専門学校に通い、3年間で最先端の知識と技術を学ぶのが良いでしょう。専門学校の多くでは、独自の教育システムを設けており、国家試験合格に向けた充実した授業のほかにも、勉強が苦手な方を対象に時間外や夏季休暇などの長期休暇中の補習講座や個人指導を行なっているところもあるので安心です。
見事国家資格に合格すれば、柔道整復師として整骨院や接骨院、病院の整形外科をはじめ、高齢者向け介護施設やリハビリテーション施設で活躍できます。近年では、そのほかにもスポーツトレーナーとしてスポーツ選手専属やスポーツ選手団、スポーツクラブで活躍する柔道整復師も多くいるので、幅広い分野で活躍できると言えるでしょう。生涯有効の国家資格取得のためには、専門学校に通うことがおススメです。

イチオシコンテンツ

柔道整復師の資格取得のためなら専門学校へ行こう

経営の授業まで行う 柔道整復師とは、骨折や脱臼、打撲捻挫等の治療を施すことができる国家資格を所有している人のことです。柔道整復師になるためには、文部科学省が指定している学校や、厚…

国家資格の必要な柔道整復師

専門知識が手に入る 柔道整復師は、骨、関節、筋、腱、靭帯などの急性もしくは亜急性の原因によって、骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷などのけがが発症した場合に、手術をしない非観血的療法を…

柔道整復師になってアスリートと一緒に成長しよう

人の役に立てる仕事 競技スポーツの経験があるのでしたら、一度は「整骨院」「接骨院」のお世話になったことがあるかと思います。「ほねつぎ」とも言いますね。突き指、ねんざ、脱臼、骨折、…

柔道整復師として活躍するためには専門学校を卒業しよう

就職の手助けも 柔道整復師は、捻挫や骨折、打撲などの日常生活や運動中などに多く起こるケガを手技で治療するスペシャリストのことを言います。柔道整復師は、適用範囲内であれば医師の指示…

最新の記事一覧

2018/04/16
国家資格の必要な柔道整復師
2018/04/16
柔道整復師になってアスリートと一緒に成長しよう
2018/04/16
柔道整復師の資格取得のためなら専門学校へ行こう
2018/04/16
柔道整復師として活躍するためには専門学校を卒業しよう
TOP