柔道整復師の資格を専門学校で学ぶことのメリット

時間的にも負担が少ない

柔道整復師は国家資格で、四年制大学若しくは専門学校で専門知識を学んだ後、国家試験を受けて合格すると資格を得ることが出来ます。そんな柔道整復師ですが、四年制大学よりも専門学校で学ぶ方がメリットがあります。
【学校数が多く、自分に合ったキャンパスで学べる】柔道整復師の取れる四年制大学は全国で15校くらいなのに対し、専門学校は60校くらいあります。そのため、自分の雰囲気や住んでいる場所に合ったキャンパスで学べるのが利点です。特に専門学校に関しては、駅近だったり、夜間部が設けられているということもあり、自分のスケジュールや居住地に合ったキャンパス選びが可能となっています。3年間通う場所なので、学校の選択肢を広げ、後悔しない学校選びをすると良いでしょう。
【専門学校の方が早く卒業できる】柔道整復師の取れる四年制大学は4年間そこに在籍するのに対し、専門学校は3年間在籍と一年短いのが特徴です。そのため、柔道整復師の資格が取得できれば四年制大学の学生よりも早く就職が出来るというメリットがあります。また、仕事をしながら学校に通っている人やダブルスクールの人にとっては、時間的、経済的な負担が早く解消されるというメリットがあります。時間的なことを考えると、柔道整復師の専門学校の方が負担があまりかからなくて済みます。

将来的にも有利

柔道整復師というお仕事をご存知ですか?あまり聞いたことがないかもしれませんが、これは、例えばスポーツをしていて捻挫や骨折などのケガをすることがあります。その際、手術を行ったり薬を使用せずに治療する人のことを言います。骨折した箇所を手で元の状態に戻したり、脱臼した時にテーピングで固定するなどといったサポートをしてあげることによって人間の身体が持つ治癒能力を最大限に発揮させる治療の専門家、それが柔道整復師です。
似ている職業で整体師というのがありますが、大きな違いは資格の種類が違う点です。整体師は民間の資格ですが、柔道整復師は国家資格です。柔道整復師になるためには、まず柔道整復師の養成課程がある専門学校に入学し、専門的な知識や技術を身につけるのが一般的です。試験に無事合格した後は、病院や接骨院や整骨院のスタッフ、スポーツトレーナー、ケアマネージャーといった幅広い分野での活躍が可能です。
将来的には独立も可能で、手に職をつけることができます。専門学校では、全員合格を目標に国家試験を見据えた授業や実際就職した際に役立つ実践を数多く行っていますので、柔道整復師を目指すなら専門学校へ通うことをおすすめします。

イチオシコンテンツ

柔道整復師の資格取得のためなら専門学校へ行こう

経営の授業まで行う 柔道整復師とは、骨折や脱臼、打撲捻挫等の治療を施すことができる国家資格を所有している人のことです。柔道整復師になるためには、文部科学省が指定している学校や、厚…

国家資格の必要な柔道整復師

専門知識が手に入る 柔道整復師は、骨、関節、筋、腱、靭帯などの急性もしくは亜急性の原因によって、骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷などのけがが発症した場合に、手術をしない非観血的療法を…

柔道整復師になってアスリートと一緒に成長しよう

人の役に立てる仕事 競技スポーツの経験があるのでしたら、一度は「整骨院」「接骨院」のお世話になったことがあるかと思います。「ほねつぎ」とも言いますね。突き指、ねんざ、脱臼、骨折、…

柔道整復師として活躍するためには専門学校を卒業しよう

就職の手助けも 柔道整復師は、捻挫や骨折、打撲などの日常生活や運動中などに多く起こるケガを手技で治療するスペシャリストのことを言います。柔道整復師は、適用範囲内であれば医師の指示…

最新の記事一覧

2018/04/16
国家資格の必要な柔道整復師
2018/04/16
柔道整復師になってアスリートと一緒に成長しよう
2018/04/16
柔道整復師の資格取得のためなら専門学校へ行こう
2018/04/16
柔道整復師として活躍するためには専門学校を卒業しよう
TOP